室内ドアレバーハンドル交換、茅ヶ崎市西久保

カギのトラブルでお困りなら
↓今すぐお電話を↓
  0120-19-1669
 携帯サイトはこちら

茅ヶ崎市西久保の一戸建て住宅、部屋の扉に付いているレバーが動かなくなってしまったとのこと。
現場に着いてみると、ラッチ部分にガムテープが…。
そして、ご自分でレバーを取ろうとしたのか、固定ネジが途中で折れてしまっていました。
この状態ですと、壊れているドア内部の部品だけを交換する事ができません。
レバーを取り外すのに、折れたネジをドリルで破壊しないとならないので、必然的にレバー錠丸ごと交換となってしまいます。
幸い部品の在庫がありましたので、さっそく作業開始です。
ドリルで慎重に折れたネジに穴を開けていきます。
なんとか苦労してレバーを抜き去る事に成功しました。
後の部品交換はスムーズに行えました。
最後に動作確認をしてみると、ラッチがストライク(ドア枠の穴)に入りません。
よく見てみると、ドア枠にスポンジ状のクッションが貼ってあります。
防音か隙間風防止のためなのでしょう。
ストライクの位置はずらせなかったので、穴を削って少し広げてやりました。
これでスムーズにドアの開け閉めができるようになりました。
室内のドアに付いているレバーやノブには様々なサイズや形、色が有りますので、まずはお見積からさせていただきます。
また、調子が悪いのに騙し騙し使っていると、ドアが開かなくなり部屋に閉じ込められてしまうことがあります。
そうなるとお時間や費用的にも高くなってしまいますので、調子が悪いなと感じたら完全に壊れてしまう前に,鍵の専門家に相談してください。

バイクのカギのトラブルはこちら

車のカギのトラブルはこちら

玄関・住宅のカギのトラブルはこちら

金庫のカギのトラブルはこちら

カギ開けはこちら

タグ: , , , , , , , , , ,